30歳からの転職のコツ!差がつく仕事の探し方

*

求人の探し方の種類と特徴

   

求人の探し方の種類

 30歳からの転職を目指す方は、まず求人情報を手に入れなければなりません。そのために知っておきたいのが、求人の探し方です。恐らく多くの人が頭の中にある固定の探し方を思い浮かべるのではないでしょうか。その方法で転職を目指してももちろん構いません。

 しかし、求人の探し方の種類をより多く知っておくことで、今まで出会っていなかった企業や業界、職種などを知ることができる、これだけは確かなこと。求人探しの方法が将来を決めることも多々あるのです。オーソドックスな方法ですと、転職情報誌がありますね。

 いわゆる紙媒体ですが、お店で購入するものとフリーペーパーのような無料のものとに分類できます。新聞やそれに折り込まれている求人チラシも探し方のひとつ。その他、ハローワークやネットで展開されている求人サイトの活用も多くの人が利用する媒体です。

 ネットでの求人サイトは、求人情報を閲覧し気に入ったものに応募できるタイプと、人材紹介会社と呼ばれるような、間に人が介することで効率の良い転職が行えるサービスとに分けることができるでしょう。さらに求人フェアや転職フェアといったイベント、企業サイトでの募集、コネや人脈を使った転職方法などが考えられます。

それぞれの探し方の特徴

 求人探しの方法を幾つか挙げてみましたが、今度はそれぞれの特徴を簡単に説明します。転職情報誌や求人誌の類いは気軽に手に入れることができますが、最低限の情報しか掲載されておらず、企業などの実態が把握しにくいというデメリットを拭うことはできないでしょう。

 無料のものは目新しい企業が求人を出していることも少ないため、情報が偏る傾向もあります。新聞や求人チラシも同様のメリットとデメリットがあると言えそうです。ハローワークで得られる情報にも実態が明瞭でない求人が紛れていることがあり、30歳からの転職で失敗したくない人にとっては多少のリスクはあるのかもしれません。

 ネットでの求人探しは求人数もそれぞれの情報量も多く、応募自体が手軽というメリットがあります。ただ、サイトやサービスによって差があることを知った上で使用すべき。自分に合ったサイトが見つけられれば、非常に有意義な媒体となるはずです。初めて転職する人におすすめなのがフェア関連。

 転職のノウハウを知ることができ、企業とも直接対話できるチャンスを得られます。企業サイトでの募集はよほどのキャリアがないと難しいでしょうし、コネや人脈はあらゆるところに気を遣う必要が出てくるかもしれないので、よほど魅力的でない限り、積極利用はおすすめできません。

 - 求人探しをしよう

  関連記事

gf1420320555l[1]
転職エージェントを活用する

転職エージェントとは?  30歳からの転職で是非利用してもらいたいのは、転職エー …

no image
ネットを活用した求人探し

ネットによる求人探しのメリット  ネットを活用して求人探しを行うのが、転職希望者 …